Home > Rakuten Shopping > > メンズ靴 > スニーカー >

CONVERSE [コンバース レザー オールスター ハイ] LEATHER ALL STAR HI WHT (32044990)

9405 yen

Inland shipping: 800 yen (est. )
Total amount: 10205 yen
Add to Cart






* The item description provided by the seller is automatically translated.
In some circumstances, the automatic translation may not provide a clear or accurate description, so please only use it as a reference when placing bids or orders.


1908年に創立者「Markus M Converse(マーキスMコンバース)」氏が、生活拠点としていたアメリカ/マサチューセッツ州モールデンの特徴的な「地域性」に着目し、降雪量の多い深い森や湿地帯が続く劣悪な環境下でも作業を行う事が出来るラバーシューズを製造した事から歴史をスタートさせた「Converse(コンバース)」。創立110th Anniversary(110周年)を超えた現在も、ストリートシーンやサブカルチャーを牽引するインフルエンサーからリアルユーザーに至るまでカテゴライズされた枠の中に収まる事無く、多種多様な足元のマスターピースをクリエイトし続けています。現在でも「All Star(オールスター)」や「One Star(ワンスター)」と言った名作がアップデートを繰り返しながらリリースされ、2012年には「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」が提案する「All Star TYO Custom Made HI(オールスタートウキョウカスタムメイドハイ)」や、2014年には「mita sneakers」のクリエイティブディレクター「Shigeyuki Kunii(国井 栄之)」がスタートアップに参画した「TimeLine(タイムライン)」が始動する等、様々な進化を遂げながらそのフィロソフィは現在も継承されています。そんな「Converse」のスニーカー史に名を馳せた数ある名作の中でも1917年に誕生し、最もブランドフィロソフィを受け継いでいる傑作「All Star」。当時、選手の「アンクル(踝)」を保護する為のクッションとして採用された「アンクルパッチ」を始め、そのシンプルなルックス秘められた「機能性」によって多くのバスケットボールプレイヤーが愛用し、現在ではタウンユースの定番としても高い評価を受ける同ブランドの代名詞。本国のアメリカでは「All Star」の開発提案に携わったバスケットボールプレイヤー「Chuck Taylor(チャックテイラー)」氏のネーミングで呼ばれています。また、彼はその普及活動の功績を称えられ、1946年以降には「アンクルパッチ」に自身の名が刻印される等、この名作を語る上で欠かす事の出来ない重要人物です。リリース以来、様々なバリエーションで多くのユーザーに愛されスタンダードモデルとしての地位を確立する「All Star」ですが、近年ではファッションブランドとのコラボレーションを始め、1960年代に使用されていた「三ツ星ヒールラベル」や「Vibram(ビブラム)」社製の「アウトソール」を採用しハイスペックに昇華された「Converse Addict(コンバースアディクト)」シリーズを展開する等、更なる拡がりを魅せながらMade in U.S.A.(メイドインUSA)等のデッドストックはコアなヴィンテージファンやファッションフリークから絶大な支持を得ています。そんな数々の逸話を持つ名品に再構築を施した「Leather All Star HI(レザーオールスターハイ)」の定番カラーがリストック。今作は「アッパー」マテリアルに上質な「スムースレザー」を採用する事で「キャンバス」を使用した従来の「All Star」が持つクラシックな魅力とは異なる上品な雰囲気を演出。更に取り外し可能な「カップインソール」には「抗菌加工」を施し「立体成型ヒールパッチ」を採用。また「アウトソール」には「耐磨耗性」を強化したリニューアルスペックとなっており「屈曲性」や「グリップ性」を高める事で履き心地を向上させつつ「スリット(切れ目)」のエッジを際立たせる等、実生活には必要の無いオーバースペックでは無く、様々なライフスタイルにフィットすべく、徹底的に追求された実用的な「機能性」を組み込む事で、タウンユースに於いてそのポテンシャルを実感する事が出来ます。2017年に100th Anniversaryを経過し、現在に至るまで多くのカラーリングやマテリアル仕様を世に送り出し、シンプルなデザインながらもその圧倒的な存在感で世界中のファンを魅了し続けている不朽の名作「All Star」。数々の歴史を継承したアップデートモデルをこの機会に堪能して見ては如何でしょうか。
1908年に創立者「Markus M Converse(マーキスMコンバース)」氏が、生活拠点としていたアメリカ/マサチューセッツ州モールデンの特徴的な「地域性」に着目し、降雪量の多い深い森や湿地帯が続く劣悪な環境下でも作業を行う事が出来るラバーシューズを製造した事から歴史をスタートさせた「Converse(コンバース)」。創立110th Anniversary(110周年)を超えた現在も、ストリートシーンやサブカルチャーを牽引するインフルエンサーからリアルユーザーに至るまでカテゴライズされた枠の中に収まる事無く、多種多様な足元のマスターピースをクリエイトし続けています。現在でも「All Star(オールスター)」や「One Star(ワンスター)」と言った名作がアップデートを繰り返しながらリリースされ、2012年には「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」が提案する「All Star TYO Custom Made HI(オールスタートウキョウカスタムメイドハイ)」や、2014年には「mita sneakers」のクリエイティブディレクター「Shigeyuki Kunii(国井 栄之)」がスタートアップに参画した「TimeLine(タイムライン)」が始動する等、様々な進化を遂げながらそのフィロソフィは現在も継承されています。そんな「Converse」のスニーカー史に名を馳せた数ある名作の中でも1917年に誕生し、最もブランドフィロソフィを受け継いでいる傑作「All Star」。当時、選手の「アンクル(踝)」を保護する為のクッションとして採用された「アンクルパッチ」を始め、そのシンプルなルックス秘められた「機能性」によって多くのバスケットボールプレイヤーが愛用し、現在ではタウンユースの定番としても高い評価を受ける同ブランドの代名詞。本国のアメリカでは「All Star」の開発提案に携わったバスケットボールプレイヤー「Chuck Taylor(チャックテイラー)」氏のネーミングで呼ばれています。また、彼はその普及活動の功績を称えられ、1946年以降には「アンクルパッチ」に自身の名が刻印される等、この名作を語る上で欠かす事の出来ない重要人物です。リリース以来、様々なバリエーションで多くのユーザーに愛されスタンダードモデルとしての地位を確立する「All Star」ですが、近年ではファッションブランドとのコラボレーションを始め、1960年代に使用されていた「三ツ星ヒールラベル」や「Vibram(ビブラム)」社製の「アウトソール」を採用しハイスペックに昇華された「Converse Addict(コンバースアディクト)」シリーズを展開する等、更なる拡がりを魅せながらMade in U.S.A.(メイドインUSA)等のデッドストックはコアなヴィンテージファンやファッションフリークから絶大な支持を得ています。そんな数々の逸話を持つ名品に再構築を施した「Leather All Star HI(レザーオールスターハイ)」の定番カラーがリストック。今作は「アッパー」マテリアルに上質な「スムースレザー」を採用する事で「キャンバス」を使用した従来の「All Star」が持つクラシックな魅力とは異なる上品な雰囲気を演出。更に取り外し可能な「カップインソール」には「抗菌加工」を施し「立体成型ヒールパッチ」を採用。また「アウトソール」には「耐磨耗性」を強化したリニューアルスペックとなっており「屈曲性」や「グリップ性」を高める事で履き心地を向上させつつ「スリット(切れ目)」のエッジを際立たせる等、実生活には必要の無いオーバースペックでは無く、様々なライフスタイルにフィットすべく、徹底的に追求された実用的な「機能性」を組み込む事で、タウンユースに於いてそのポテンシャルを実感する事が出来ます。2017年に100th Anniversaryを経過し、現在に至るまで多くのカラーリングやマテリアル仕様を世に送り出し、シンプルなデザインながらもその圧倒的な存在感で世界中のファンを魅了し続けている不朽の名作「All Star」。数々の歴史を継承したアップデートモデルをこの機会に堪能して見ては如何でしょうか。