Home > Rakuten Shopping > 食品 > フルーツ・果物 > ミラクルフルーツ >

ミラクルフルーツ・10粒入り【送料無料】

1598 yen

Inland shipping: 0 yen
Total amount: 1598 yen
Add to Cart






* The item description provided by the seller is automatically translated.
In some circumstances, the automatic translation may not provide a clear or accurate description, so please only use it as a reference when placing bids or orders.


内容量   5粒入り(約3g)×2 原材料名  ミラクルフルーツ(フリーズドライ製法)  一粒づつ個別包装に入ったミラクルフルーツが5粒入っています。 フリーズドライ製法により、常温での長期保存が可能です。 ミラクルフルーツのフリーズドライ ミラクルフルーツの酸味を甘味に感じさせる成分(ミラクリン)は、収穫後時間と共に弱くなってしまいます。そのため日本では長年冷凍による保存がされてきました。その背景にはミラクリンは熱に弱く加工が難しいとされていたことにもよります。 当商品ではこのデリケートな成分を損なうことなく、実の形もそのままにフリーズドライ加工に成功しました。これにより常温でも長期保存が可能になりミラクルフルーツのフリーズドライ商品化を実現した訳です。 ミラクルフルーツ加工上の問題点 ミラクルフルーツは砂糖の代替としても注目されていますが、果汁及び果肉粉末を食品・飲料に混入しての使用では、かなりの割合加えても十分な味覚変換効果は得にくいようです 。 ミラクルフルーツの成分が先に舌に付着することにより、 以後食す酸味成分に対し一定時間甘く感じるという覚変換効果が得られます。 また、生の実(果汁含む)の状態では時間と共に活性は失われますし、加熱することや冷凍状態から解凍することでも活性は失われます。 何故フリーズドライにこだわったのか? 既に粉末やタブレット等での試作も行っていたのに何故フリーズドライにこだわったのか? それは、やはり天然の果実でこんな不思議な効果があるんだという衝撃を大事にしたかったからです。 不思議な効果だけに、生の実をそのままフリーズドライしていることによる安心感にも考慮しました。 勿論生の実で収穫直後のものに越したことはありませんが、収穫期に左右されすぎて流通させる意味ではデメリットも多すぎました。 冷凍すれば保存も出来ますが、一度融けてしまうとその効果は失われてしまうため別の難しさがありました。 フリーズドライ加工することによるロス率も決して低くはないですが取り扱いは飛躍的に向上します。 錠剤のように何かに加工しても確かに同じ効果は得られるのですが、今は出来る限りミラクルフルーツの不思議さを皆さんにもお伝えするため、大変ですがそのままの形で驚きを楽しんで頂いています。 ミラクルフルーツの今後 ミラクルフルーツの実を使った研究も進んできましたが、幾つかの研究室では合成のミラクリンの研究なども行われており、近い将来ミラクルフルーツ(ミラクリン)がもっと身近に利用されるシーンも増えてくると思っております。近い将来思いもしないような製品が生まれていることを期待しています。 そしてミラクルフルーツを様々な形で商品化への取り組みが出来ているのは、元横浜国立大の故栗原良枝教授の研究成果が基礎であり、その研究なくしては現在は無かったでしょう。 ミラクルフルーツ農場 栽培拠点を年間を通して温暖なフィリピンに持ち、栽培から加工まで行っています。 フィリピンではハウスを必要とせず太陽の恵みで元気に育っています。栽培には育成顧問にフィリピン大学農学部部長ドミンゴ・E・アンジェラ氏を招き農薬や化学肥料も使用することなく、防虫には天然のニームを用いて栽培しています(ニーム農法)。 ハウス栽培と比較して葉の色も濃く、枝や葉も多くしっかりしています。 大きい木では既に2mを超えるものも多く順調に収穫することが出来るようになりました。 農地も今年で12万本にまで増殖が済み世界でも最大規模の本格農地になりました。ミラクルフルーツの楽天ランキングで、度々上位をいただいてます。 ミラクルフルーツとは ミラクルフルーツ(アカテツ科フルクリコ属) 熱帯性の植物で寒さには非常に弱く、日本では一般的に温室で栽培されます。 ミラクルフルーツとは西アフリカ原産の果実で、舐めた後すっぱいものを食べると甘く感じる不思議な果実です。昔から現地の人々には、すっぱい食べ物を食べるときにミラクルフルーツが利用されていました。 ミラクルフルーツは世界に数種類ある味覚修飾植物の一つで、すっぱい食べ物を甘く感じさせる効果があります。同様の効果を持つものにはマレーシア原産のクルグリコや、日本でもなじみの深い甘い味を感じさせなくするギムネマ、水を甘く感じさせるマレーシア原産のストロジンなどがあります。 なぜすっぱいものが甘くなるの? 味は舌にある「味蕾(みらい)」という部分で感じますが、ミラクルフルーツに含まれるアミノ酸成分(ミラクリン)が舌の上でですっぱい成分とくっつく事で甘みとして脳に信号を送るため、本当の味はすっぱいのに甘く感じます。 酸味以外の味に変化はありません。舌を麻痺させるわけでも、酸味を無くすわけではないので、酸味は弱まりますが感じます。 ミラクルフルーツの上手な食べ方 ミラクルフルーツを 口の中に入れる 種と実を分けるように 口の中全体で1、2分転がし 種だけを出す さあ準備OK! すっぱいものを 食べてみましょう 注意 ※ 舐める部分にムラがあると効果が出る場所もムラになります。 ※ 種には害はありませんが噛んでしまうと苦味があります。
内容量   5粒入り(約3g)×2 原材料名  ミラクルフルーツ(フリーズドライ製法)  一粒づつ個別包装に入ったミラクルフルーツが5粒入っています。 フリーズドライ製法により、常温での長期保存が可能です。 ミラクルフルーツのフリーズドライ ミラクルフルーツの酸味を甘味に感じさせる成分(ミラクリン)は、収穫後時間と共に弱くなってしまいます。そのため日本では長年冷凍による保存がされてきました。その背景にはミラクリンは熱に弱く加工が難しいとされていたことにもよります。 当商品ではこのデリケートな成分を損なうことなく、実の形もそのままにフリーズドライ加工に成功しました。これにより常温でも長期保存が可能になりミラクルフルーツのフリーズドライ商品化を実現した訳です。 ミラクルフルーツ加工上の問題点 ミラクルフルーツは砂糖の代替としても注目されていますが、果汁及び果肉粉末を食品・飲料に混入しての使用では、かなりの割合加えても十分な味覚変換効果は得にくいようです 。 ミラクルフルーツの成分が先に舌に付着することにより、 以後食す酸味成分に対し一定時間甘く感じるという覚変換効果が得られます。 また、生の実(果汁含む)の状態では時間と共に活性は失われますし、加熱することや冷凍状態から解凍することでも活性は失われます。 何故フリーズドライにこだわったのか? 既に粉末やタブレット等での試作も行っていたのに何故フリーズドライにこだわったのか? それは、やはり天然の果実でこんな不思議な効果があるんだという衝撃を大事にしたかったからです。 不思議な効果だけに、生の実をそのままフリーズドライしていることによる安心感にも考慮しました。 勿論生の実で収穫直後のものに越したことはありませんが、収穫期に左右されすぎて流通させる意味ではデメリットも多すぎました。 冷凍すれば保存も出来ますが、一度融けてしまうとその効果は失われてしまうため別の難しさがありました。 フリーズドライ加工することによるロス率も決して低くはないですが取り扱いは飛躍的に向上します。 錠剤のように何かに加工しても確かに同じ効果は得られるのですが、今は出来る限りミラクルフルーツの不思議さを皆さんにもお伝えするため、大変ですがそのままの形で驚きを楽しんで頂いています。 ミラクルフルーツの今後 ミラクルフルーツの実を使った研究も進んできましたが、幾つかの研究室では合成のミラクリンの研究なども行われており、近い将来ミラクルフルーツ(ミラクリン)がもっと身近に利用されるシーンも増えてくると思っております。近い将来思いもしないような製品が生まれていることを期待しています。 そしてミラクルフルーツを様々な形で商品化への取り組みが出来ているのは、元横浜国立大の故栗原良枝教授の研究成果が基礎であり、その研究なくしては現在は無かったでしょう。 ミラクルフルーツ農場 栽培拠点を年間を通して温暖なフィリピンに持ち、栽培から加工まで行っています。 フィリピンではハウスを必要とせず太陽の恵みで元気に育っています。栽培には育成顧問にフィリピン大学農学部部長ドミンゴ・E・アンジェラ氏を招き農薬や化学肥料も使用することなく、防虫には天然のニームを用いて栽培しています(ニーム農法)。 ハウス栽培と比較して葉の色も濃く、枝や葉も多くしっかりしています。 大きい木では既に2mを超えるものも多く順調に収穫することが出来るようになりました。 農地も今年で12万本にまで増殖が済み世界でも最大規模の本格農地になりました。ミラクルフルーツの楽天ランキングで、度々上位をいただいてます。 ミラクルフルーツとは ミラクルフルーツ(アカテツ科フルクリコ属) 熱帯性の植物で寒さには非常に弱く、日本では一般的に温室で栽培されます。 ミラクルフルーツとは西アフリカ原産の果実で、舐めた後すっぱいものを食べると甘く感じる不思議な果実です。昔から現地の人々には、すっぱい食べ物を食べるときにミラクルフルーツが利用されていました。 ミラクルフルーツは世界に数種類ある味覚修飾植物の一つで、すっぱい食べ物を甘く感じさせる効果があります。同様の効果を持つものにはマレーシア原産のクルグリコや、日本でもなじみの深い甘い味を感じさせなくするギムネマ、水を甘く感じさせるマレーシア原産のストロジンなどがあります。 なぜすっぱいものが甘くなるの? 味は舌にある「味蕾(みらい)」という部分で感じますが、ミラクルフルーツに含まれるアミノ酸成分(ミラクリン)が舌の上でですっぱい成分とくっつく事で甘みとして脳に信号を送るため、本当の味はすっぱいのに甘く感じます。 酸味以外の味に変化はありません。舌を麻痺させるわけでも、酸味を無くすわけではないので、酸味は弱まりますが感じます。 ミラクルフルーツの上手な食べ方 ミラクルフルーツを 口の中に入れる 種と実を分けるように 口の中全体で1、2分転がし 種だけを出す さあ準備OK! すっぱいものを 食べてみましょう 注意 ※ 舐める部分にムラがあると効果が出る場所もムラになります。 ※ 種には害はありませんが噛んでしまうと苦味があります。

Popular items in this category