Home > Rakuten Shopping > スマートフォン・タブレット > ヘッドセット・イヤフォンマイク >

APPLE Airpods 第2世代 ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 AirPods with Charging Case MV7N2J/A 充電有線タイプ

19980 yen

Inland shipping: 0 yen
Total amount: 19980 yen
Add to Cart

Seller

a-price

Item code

a-price:10744911




* The item description provided by the seller is automatically translated.
In some circumstances, the automatic translation may not provide a clear or accurate description, so please only use it as a reference when placing bids or orders.


商品説明★ ワイヤレスとは、こういうこと。ワンタップのシンプルな設定で、AirPodsは自動的にオンになり、いつでも接続された状態になります※1。使い方も同様に簡単です。耳に装着するとそれを感知し、耳から外すと一時停止します。iPhoneと一緒に使う時も、Apple Watch、iPad、Macと一緒でも、AirPodsの体験は驚きそのものです。※1.iCloudアカウントとmacOS 10.14.4、iOS 12.2、またはwatchOS 5.2が必要です。★ Siriを声で。おなじみのパーソナルアシスタントを、一段と簡単に使えるようになりました。ただ「Hey Siri」と声をかけるだけ。iPhoneを取り出さなくても、その場でSiriがお手伝いします※2。※2.言語または地域によってはSiriを利用できない場合や、地域によって機能が異なる場合があります。インターネット接続が必要です。携帯電話データ通信料がかかる場合があります。★ 耳にしたことがない性能。進化したAirPodsを動かすのは、まったく新しいApple H1ヘッドフォンチップ。デバイスとのワイヤレス接続がさらに速くなり、さらに安定した理由です。使うデバイスの切り替えは最大2倍高速※3、電話の通話への接続は1.5倍高速になりました※4。Siriを声で起動できるのも、ゲームでのレイテンシが最大30パーセント低減したのも、このH1チップを搭載したから※5。ゲームをプレイする時も、音楽を聴く時も、Podcastを楽しむ時も、一段と質の高いサウンドが耳に飛び込みます。※3.リリース前のソフトウェアを搭載したiPhone XS Maxおよび12.9インチiPad Pro(第3世代)とペアリングしたAirPods(第2世代)とAirPodsの試作ハードウェアとソフトウェアを使用し、2019年2月にAppleが実施したテスト結果によります。 テストではオーディオソースをiPadからiPhoneに切り替えました。パフォーマンスは各種設定、環境、その他の要素によって変わります。※4.iPhone XS Maxハードウェアおよびリリース前のソフトウェアとペアリングしたAirPods(第2世代)とAirPodsの試作ハードウェアとソフトウェアを使用し、2019年2月にAppleが実施したテスト結果によります。 テストでは電話の通話音声をiPhoneからAirPodsに転送しました。パフォーマンスは各種設定、環境、その他の要素によって変わります。※5.iPhone XS Maxハードウェアおよびリリース前のソフトウェアとペアリングしたAirPods(第2世代)とAirPodsの試作ハードウェアとソフトウェアを使用し、2019年2月にAppleが実施したテスト結果によります。 テストではTomb of the Mask v1.6とDoodle Jump v2.76.4を使用し、iPhoneの画面をタップしてからAirPodsでオーディオが再生されるまでの時間を計測しました。パフォーマンスは各種設定、環境、その他の要素によって変わります。★ 聴いていることを認識します。マイクロフォンを通話やSiriに接続したり、耳につけるとすぐにオーディオが再生されるようにしたり。光学センサーとモーション加速度センサーが連係して、オーディオ体験を自動的にコントロールします。AirPodsは両耳でも片耳だけでも使えるので、とても自由。曲を再生したりスキップしたい時は、ダブルタップするだけです。★ 話していることを認識します。あなたが話をすると、音声を検知する加速度センサーがそれを認識し、2つのビームフォーミングマイクロフォンと連係しながら、周囲のノイズを取り除いてあなたの声に狙いを定めます。スペック* タイプ:インナーイヤー* 装着方式:左右分離型* ワイヤレス:Bluetooth* 連続再生時間:5時間* 対応コーデック:SBC* 重量・AirPods(左右各):4g・Charging Case:38g* サイズ・AirPods(左右各):16.5×18.0×40.5mm・Charging Case:44.3×21.3×53.5mm
商品説明★ ワイヤレスとは、こういうこと。ワンタップのシンプルな設定で、AirPodsは自動的にオンになり、いつでも接続された状態になります※1。使い方も同様に簡単です。耳に装着するとそれを感知し、耳から外すと一時停止します。iPhoneと一緒に使う時も、Apple Watch、iPad、Macと一緒でも、AirPodsの体験は驚きそのものです。※1.iCloudアカウントとmacOS 10.14.4、iOS 12.2、またはwatchOS 5.2が必要です。★ Siriを声で。おなじみのパーソナルアシスタントを、一段と簡単に使えるようになりました。ただ「Hey Siri」と声をかけるだけ。iPhoneを取り出さなくても、その場でSiriがお手伝いします※2。※2.言語または地域によってはSiriを利用できない場合や、地域によって機能が異なる場合があります。インターネット接続が必要です。携帯電話データ通信料がかかる場合があります。★ 耳にしたことがない性能。進化したAirPodsを動かすのは、まったく新しいApple H1ヘッドフォンチップ。デバイスとのワイヤレス接続がさらに速くなり、さらに安定した理由です。使うデバイスの切り替えは最大2倍高速※3、電話の通話への接続は1.5倍高速になりました※4。Siriを声で起動できるのも、ゲームでのレイテンシが最大30パーセント低減したのも、このH1チップを搭載したから※5。ゲームをプレイする時も、音楽を聴く時も、Podcastを楽しむ時も、一段と質の高いサウンドが耳に飛び込みます。※3.リリース前のソフトウェアを搭載したiPhone XS Maxおよび12.9インチiPad Pro(第3世代)とペアリングしたAirPods(第2世代)とAirPodsの試作ハードウェアとソフトウェアを使用し、2019年2月にAppleが実施したテスト結果によります。 テストではオーディオソースをiPadからiPhoneに切り替えました。パフォーマンスは各種設定、環境、その他の要素によって変わります。※4.iPhone XS Maxハードウェアおよびリリース前のソフトウェアとペアリングしたAirPods(第2世代)とAirPodsの試作ハードウェアとソフトウェアを使用し、2019年2月にAppleが実施したテスト結果によります。 テストでは電話の通話音声をiPhoneからAirPodsに転送しました。パフォーマンスは各種設定、環境、その他の要素によって変わります。※5.iPhone XS Maxハードウェアおよびリリース前のソフトウェアとペアリングしたAirPods(第2世代)とAirPodsの試作ハードウェアとソフトウェアを使用し、2019年2月にAppleが実施したテスト結果によります。 テストではTomb of the Mask v1.6とDoodle Jump v2.76.4を使用し、iPhoneの画面をタップしてからAirPodsでオーディオが再生されるまでの時間を計測しました。パフォーマンスは各種設定、環境、その他の要素によって変わります。★ 聴いていることを認識します。マイクロフォンを通話やSiriに接続したり、耳につけるとすぐにオーディオが再生されるようにしたり。光学センサーとモーション加速度センサーが連係して、オーディオ体験を自動的にコントロールします。AirPodsは両耳でも片耳だけでも使えるので、とても自由。曲を再生したりスキップしたい時は、ダブルタップするだけです。★ 話していることを認識します。あなたが話をすると、音声を検知する加速度センサーがそれを認識し、2つのビームフォーミングマイクロフォンと連係しながら、周囲のノイズを取り除いてあなたの声に狙いを定めます。スペック* タイプ:インナーイヤー* 装着方式:左右分離型* ワイヤレス:Bluetooth* 連続再生時間:5時間* 対応コーデック:SBC* 重量・AirPods(左右各):4g・Charging Case:38g* サイズ・AirPods(左右各):16.5×18.0×40.5mm・Charging Case:44.3×21.3×53.5mm